食べさせてはいけない 猫にとって危険な食べ物

ペットと言うと、
うさぎやハムスター、カメや爬虫類など、
大変幅広く存在しますが

昔から大人気な動物と言えば、
犬、そして猫
です。
 
窓からのぞく猫

 

そんな猫の飼い方ですが、
爪でドアをガリガリこすったり、
壁の角がボロボロになるほど
引っかくことがよくあります

 

これでは、せっかく購入した
家の資産価値が下がってしまいますし、
賃貸であれば引っ越す時に
多額の費用が
かかってしまうこともあります。

 

しっかりとカバーをしておくことや、
一緒に居られない時には
ゲージに入れて飼うなど、
工夫をすることが大切です。

 

 

また、猫の飼い方で重要なのが、
食べ物に関してです。

キャットフードと言うのが
一般的ではありますが、

切らしてしまっていたり、
新鮮さを意識してたまには違うものを、
と考えた場合は注意が必要です。

 

猫は、与えると危険な食べ物と言うのが
数多く存在します。

良かれと思って与えた食べ物が
思わぬ事態を引き起こす事もありますので
気を付けなければいけません。

 

 

パン類を与えないようにしましょう!

 

例えば、パン類がそうです。
人間にとっては当たり前の食べ物ですが、
猫にとってはパンはそうではありません

 

また、人間も猫もどちらも食べる物として
よくイメージされるのが魚ですが、
生の魚は危険です。

 

また見落としがちなのが魚の骨で、
こちらも体内を傷つけて
しまうかもしれませんので注意が必要です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>